育毛剤の正しい使い方とは?

育毛剤の正しい使い方とは?

育毛剤の効果を得るためには正しい使い方をすることが大切です。まず、育毛剤を使用する前には、頭皮・髪の毛の汚れを取り除くためにも、シャンプーをしっかりと行い、髪の毛を乾かしましょう。

効果を早く出したいからと言って、必要以上にたくさん使用しても効果が倍増するという事はありませんし、肌荒れなどが起こる危険もありますので、用法・用量を守るようにしましょう。

育毛剤は頭皮マッサージを行いながら行なうようにすると、頭皮の血行促進効果を期待することが出来ます。

育毛剤は、朝よりも夜、特に体が温まっているお風呂上がりに使用したほうが高い効果を期待することが出来ると言われています。

また、短期間では効果を得ることが出来ないものですので、継続して使用するようにしましょう。

育毛剤の間違った使い方とは?

育毛剤の間違った使い方とは?

育毛剤の効果を高めるためには、正しい使い方を守ることが大切です。医薬品・医薬部外品は間違った使い方をすると副作用が大きくなる危険があるので注意しましょう。

例えば使用回数とタイミングを守るようにして、大量に使わないようにしてください。特に発毛剤は医薬品に分類されるため、使用量が厳格に決められています。

プッシュ回数が決められた商品が多いので、それを守るようにしてください。育毛剤は医薬部外品なので発毛剤ほどの副作用はなく、少しくらい多めに使用しても特に問題はありません。

ただし明らかに量が多すぎたり不潔な状態の頭皮に使用したりするのはよくありません。基本は洗髪後にドライヤーで髪を乾燥させてから使用することです。

育毛剤を使うタイミングとは?

育毛剤を使うタイミングとは?

育毛剤はいつ使用してもよいものではなく、原則として頭皮が清潔なタイミングで使用することが大切です。頭皮にギトギトした皮脂が浮いている状態だと、浸透力が著しく低下してしまいます。

基本はシャンプー後に髪を乾燥させてから使用するのがおすすめですが、入浴後にそれほどせずに眠るなら寝る前に使用するのもよいでしょう。

就寝中はターンオーバーが活性化しますし、肌のゴールデンタイムと呼ばれています。頭皮にも最適なタイミングですから、育毛を促進するなら寝る前に育毛剤を使用するのもありです。

使用回数が1日2回の場合は起床時にも1回使用するのが好ましく、理由は育毛成分の血中濃度を安定させるためです。1日1回の使用なら洗髪して髪を乾燥させたあと、もしくは寝る前がよいでしょう。