寝る直前のスマホは睡眠に悪影響?

寝る直前のスマホは睡眠に悪影響?

現在、学生から高齢の方まで、多くの方がスマホを利用していると思われます。電話やメールだけでなく、ネットや音楽、動画など楽しめる要素が多いので、現代人にとって無くてはならないものです。

しかし、寝る直前に使用してしまうと、睡眠に悪影響が生じてしまいます。スマホの画面を見ることで、副交感神経が優位となり、なかなか寝付くことができなくなってしまいます。

さらにスマホなどの電子機器から発せられるブルーライトを多く浴びると、睡眠にとって大事なメラトニンの分泌が低下してしまいます。

メラトニンの分泌の低下は深い眠りができなくなる要因となるので、睡眠の質が悪いと感じている方は対策を講じる必要があります。スマホは便利ですが、寝る直前は使用を控えることを推奨します。

寝る直前のイライラは睡眠に悪影響?

寝る直前のイライラは睡眠に悪影響?

寝る直前はリラックスすることが睡眠にとって良いことで、イライラすることは睡眠に悪影響を与えます。寝る直前に心身を睡眠モードに切り替えることで睡眠の質を上げることができます。

体は夜になると脳から覚醒モードから睡眠モードに移行しますが、睡眠前に心身がリラックスしている状態がベストですが、リラックスした状態は作り出すことも必要です。

夜は1日の疲れが蓄積して、体が疲れを感じていても脳は日中に受けた様々な刺激などで寝る直前は興奮して神経が高ぶった状態です。

寝る前は副交感神経が優位になるようにしたり、体内時計を整った状態にします。体内時計が乱れる原因には不規則な生活、ストレス、スマートフォンから発せられるブルーライトなどの強い刺激などがあります。

寝る直前にイライラしないように、寝る前の飲酒、喫煙やカフェインを摂る、パソコンやスマートフォンを使う、寝る直前の食事などはしないように心がけます。

寝る直前のお酒は睡眠に悪影響?

寝る直前のお酒は睡眠に悪影響?

眠れない時の方法のひとつとして思いつくことにワインや日本酒等のアルコールを飲むというのがありますが、実は寝る直前のお酒は、睡眠に悪影響を及ぼすということはご存知でしょうか。

何となくお酒を飲むとリラックスできてそのまますんなり眠りに入れるように思われがちです。

しかし寝る直前のお酒は、量によっては体内でアルコールを分解するアセトアデルヒドという物質が生み出されるためかえって睡眠を妨げることになりかねません。

またアルコールの利尿作用で何度もトイレに行きたくなって、ますます眠れなくなってしまう可能性もあります。

寝る直前のお酒は避け、軽いストレッチなどで身体を温めゆったりとした気持ちで横になるようにしましょう。